あなたの会社には3本の矢はありますか?この矢というのは、本当の矢ではなく、
戦国武将の毛利元就が説いた子供に伝えた結束の重要性を説いた逸話です。

 一本の矢では簡単に折れますが、三本まとめてでは折れにくいことから、一族の結束を説いたというものです。

会社にも、この3本の矢になる人物が必要です。経営者のみが頑張っていても、周りをサポートする人材がいなければ経営者は裸の王様です。

経営者がどんなに頑張ってもそれを必死に伝える人が、いなければ企業や組織として強くなることはできません。ですので、経営者の良き理解者となる人物2人をぜひ見つけてください。

つまりあなたの右腕、左腕になる人たちです。できればその2名は同職種ではなく、違う専門職が良いと思います。その理由は、簡単経営者の意思を伝える際に各職種のリーダーが伝達するとその同職種のメンバーに経営者の思いが伝わりやすいからです。

それは、同職種というだけで、他の同職種の職員にとっては経営者が直接伝えるよりも圧倒的に親近感を抱きやすいからです。ですので、あなたの会社でもぜひ、3本の矢になる2人を探してみてください。

人材育成や採用にお困りの場合は気軽にご相談ください。

Follow me!