介護の起業が 自分に向いているかを 知る方法とは?

介護で起業したい方から時々、「自分に起業が向いていますか?」と聞かれる事があります。

正直、向いているかどうかは誰もわかりません。ただ、成功するための秘訣はいくつかあります。

その一つは、「まず、小さくスタート」する事です。どうしても起業当初の方は、事業を大きくしようと想って、色々なものにどんどん投資してしまう方がいます。

しかし、介護事業の成功は事業を大きくする事ではありません。大切なのは、地域に愛され長く続けられる事が大切です。

ですので、まず起業の最初は、小さくスタートする事です。必要経費は小さく抑え規模も小さくスタートする事です。

万が一、トラブルがあっても小さくスタートする事で、軌道修正も早くできます。

しかし、最初から色々なものに投資してしまうと軌道修正するのがなかなか、難しくなってしまいます。

例えば、人材の確保

「たくさん良い人材を!」と想って雇っても事業所に合わない人材であればマネージメントも大変です。

また、万が一退職した場合に採用費などもかさんでしまいます。ですので、自分に向いているかを知る方法は?

まず、小さくはじめてみる。

それで適宜、軌道修正しながら進んでいく。

それこそが自分に向いているのか知る近道だと思います。

最初にどのように進めたら良いのかわからない時はご一報くださいね!

介護経営者の経営相談、創業支援、
個別コンサルティング、スタッフ育成プログラムなど個別相談会のお申込み・お問い合わせ

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る