ちょっと、その事業計画書 大丈夫ですか?

昨日はご相談頂いたのは、介護事業開業にあたり、
事業計画書作成のご相談。

事業計画書は、資本家からの投資や銀行から
融資を受ける際に絶対に必要になってくるものです。

しかし、事業計画書が絵に書いた餅のようになっている事も少なくありません。
事業計画書は、経営の設計図。

事業計画の妥当性は開業時のスタートにおいて非常に重要です。
事業計画の作成に関してはいくつかポイントがありますが、
損益計画書の作り込みは大切です。

市場規模や時代背景なども踏まえ妥当性のある数字になる必要があります。
創業時の場合は、最低でも3期分は作りたいところです。

事業計画書を初めて作る際は、出資者に見せる前に必ず、専門家に観てもらう必要があります。

素人が作った事業計画書はすぐに観てわかってしまいます。
ですので、事業計画書を作る際はぜひ一度ご相談くださいね。

事業計画書を初めて作る際は、出資者に見せる前に必ず、専門家に観てもらう必要があります。

素人が作った事業計画書はすぐに観てわかってしまいます。
ですので、事業計画書を作る際はぜひ一度ご相談くださいね。

介護経営者の経営相談、創業支援、
個別コンサルティング、スタッフ育成プログラムなど個別相談会のお申込み・お問い合わせ

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る