階層別の教育方針がありますか?

事業所や社内における肝となる教育方針。
研修などでも事業所様から、教育体制やチームビルディングの研修などご依頼を頂くことはあるのですが、これらの研修、新人、中堅、管理職など階層別に分けて行われていないケースが時々あります。

教育体制やチームビルディングでも、そうですが、みなさんそれぞれ階層に応じて、役割が全く、異なります。

ですので、研修内容も階層別に実施する必要があるわけです。

例えば、ストレス対策の研修にしても、一般職員向けだとセルフケアや上司との関わり方など、その点が重要になります。


しかし、管理職向けだとしたら、その辺りよりはラインケアとして組織がどのようにストレス対策を実施していくのか?

そのあたりの教育の方が大切になります。                

ですので、ひとつの目的について研修をする場合でも
階層別に研修をすることが、組織に浸透させるには大切になってくるわけです。

介護経営者の経営相談、創業支援、
個別コンサルティング、スタッフ育成プログラムなど個別相談会のお申込み・お問い合わせ

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る