研修事業

いつもの研修・・・活きた知識になっていますか?

・講師の話を一方的に話を聞くだけでは・・・

・内容が一般過ぎて実践で使えない・・・

・その時はわかったような感じになってる。

結局・・・実践では使えていない。

インプットではない!使える知識が身につきます!

弊社の研修は、事前のお打ち合わせを十分に行います。クライアント様に合わせた内容で、研修をカスタマイズしていきます。研修は、講師との対話を重視!グループワークとフレームワークを取り入れ、学んだ知識を元に、終了後すぐに、学んだ知識をアウトプットできる、使える知識としての定着を図ります。
※全ての研修がオンラインでの対応可能です。環境がご不安な場合は、端末等のレンタルもしております。

研修内容

リーダー育成研修

組織にとってリーダーの育成が勘所です。リーダーは、経営層と現場のつなぎ役。多くの組織の問題として、リーダーが十分に育っていないため、経営理念や事業計画が現場に浸透していないケースや経営層と現場の意見の乖離が、離職率の増大や人材獲得に難渋するなど、大きな問題を引き起こしているケースが見受けられます。
リーダーは多様な価値観を持つ職員の考えを受け止め、自身の言葉で発信し、組織が向かうべき方向にファシリテートできる、コミュニケーションスキルや人間性の向上が必須なのです。

弊社のリーダー研修では、下記の内容を積極的に取り入れております。

・経営理念を解釈し、伝える力
・EQ(Emotional Intelligence Quotient)心の知能指数を用いた自己理解、他者理解、感情に賢くなるトレーニング
・セルフコーチング/コーチングスキルの獲得(傾聴力/質問力/承認力/目標設定力)
・コミュニケーションスキル(アサーション等)
・雑談力
・ストレスマネージメント(セルフケアとラインケア)

新人研修

新人職員において大切なのは、新しい環境に身を置く、自分を受け入れながら、入社3年後を見据えて仕事に携われるかどうかということです。自身をマネージメントする技術を身につけ、明確な目標を見つけ、未来を見据えて仕事ができる状況を作り出すことが、重要な視点と言えます。弊社の新人研修では入社1年目〜3年目の各フェーズにも対応できるカリキュラムをご用意しております。

・経営理念を解釈するワーク
・EQ(Emotional Intelligence Quotient)心の知能指数を用いた自己理解、他者理解、感情に賢くなるトレーニング
・セルフコーチングスキルの獲得(傾聴力/質問力/承認力/目標設定力)
・コミュニケーションスキル(アサーション等)
・雑談力
・ストレスマネージメント(セルフケア)

介護予防事業の立ち上げ・運営支援

自治体の介護予防事業の立ち上げ、サポートなどを行なっております。

国が掲げる、「2040年を展望し、誰もがより長く元気に活躍できる社会の実現。」その上で、必要な「健康寿命延伸プラン」実現。各自治体における①健康無関⼼層も含めた予防・健康づくりの推進、②地域・保険者間の格差の解消に向け、 「⾃然に健康 になれる環境づくり」や「⾏動変容を促す仕掛け」など「新たな⼿法」の活⽤。

そして3分野(1、次世代を含めたすべての⼈の健やかな⽣活習慣形成等、2、疾病予防・重症化予防、3、介護予防・フレイル対策、 認知症予防)の取り組みを国は推進しています。特に介護予防においては、国もインセンティブ措置の強化を推進しており、ますます、地域格差が生まれやすい状況であり、早期の環境整備が必要な状況です。

事例:東京都自治体様の事例

介護予防事業の予算を有効に利用して、介護事業を開始したい。

介護予防事業の開始からご相談頂いた事例です。まず1年目のテーマとして「住民の方に介護予防に対する認知度を高めるという」目的で年間数回に渡り、介護予防に必要な運動講座をご提案させて頂き、定期的に住民の方の意見を伺いながら取り組んで参りました。

2年目より、住民が主体的に取り組める前段階として、年間6回のコースの健康講座をスタートし、初回時に体力測定、2回目以降は体力測定の結果を踏まえたトレーニングや摂食・嚥下、筋トレ、尿もれ対策など毎回テーマを設けた勉強会を実施し、最終回に体力測定を実施し、変化を体感できるようなプログラムづくりをご支援させて頂きました。会を追うごとに住民の方の主体性や認知度も高まり、活動が積極化する取り組みとなりました。

お問い合わせ・個別相談会のお申込みはこちら