介護事業に 運営サポートが 必要な理由とは?

あなたは介護業界を通して、自身が成長したい、介護事業で起業したいと思った時、あなたに伴走してくれる相手はいますか?

介護事業を通してあなたが成長したり、起業を目指す中で、様々な障壁が起こります。その際に、あなたの状況を理解していて、相談に乗ってくれる相手は非常に貴重なものです。

私自身も介護事業を運営する以前から、困った事があるとすぐにメンターやコンサルタントの方に相談していました。


誰かに話す事で気分も楽になりますし、また、複数の事例を伺う事で、自身の行動のヒントにする事もできるわけです。

これって中々、一人でやることは難しいわけです。人は客観的に自分を観ることは非常に難しいので、例えば、一流のアスリートは、稼いだお金で一流のコーチを雇います。

それはなぜでしょう。それは、自身一人では、目標を達成する事が難しいとわかっているからです。


これは、いわば自己投資です。

一流のコーチはたくさんのアスリートに関わっているので、どうしたら、うまくいきやすいかを見極める事ができるわけです。


ですので、一流の人ほどコーチに投資しています。介護事業における自身の成長や起業でも一緒です。伴走者がいることで、行動を加速する事ができるわけです。

年齢や時期は関係ありません。

今、動き出すかどうかが自己に投資できるかどうかが非常に大切なわけです。
介護事業の運営や起業に迷ったらいつでもご相談ください。

介護経営者の経営相談、創業支援、
個別コンサルティング、スタッフ育成プログラムなど個別相談会のお申込み・お問い合わせ

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る