採用活動において行ってしまう、
4つの誤り。

これは、
①多額の広告費をかける
②多くの紹介会社と契約する
③HPをリニューアル
④SNSで発信。

というものです。

なぜこれがいけないのか?

その理由は、
理念がないままに求職者を
集めようとすると

望んだ人材を集める事が
できないからです。

その理由は、

まず、求職者の立場を
考えてみてください。

理念のない広告やHP、SNSの
人材紹介会社からの情報では、

自分が働く事にイメージが
中々つきません。

判断がつくのは、
給与や休暇などの
待遇面くらいでしょう。

イメージがつかないと
人間は不安になるし、
決断ができない事が
多いわけです。

でも何となく、
紹介会社の人に
進められてとか

給与や待遇が良さそうだから
などど、

安易な気持ちで、
面接を受けにくる
求職者も多いのが現状です。

もしその場合、
そんな安易な求職者かどうかを
探る質問があります。

その質問は、
「数ある介護事業所のうち、
なぜ、うちの法人を選んだのですか?」

という質問です。

その質問について、安易な判断で
面接に来た場合の求職者は、

「この業界で、
 一度は働きたいと思っていて」とか
「身内の介護を経験したので」 とか

どこの面接にも
通用する一般的な回答しか
返ってこない
ケースが多いわけです。

その場合、
「ウチじゃなくてもいいんじゃねー」
と思いますが・・・

仮にも
入職した場合は、
やはり理念に共感して
入職したわけではないので、

方向性が合わない!
理念に共感できない!

といった理由で
早期に退職してしまう
ケースもあるわけです。

理念のないところに
人は居着きません。

ですので、まずは、
①多額の広告費をかける
②多くの紹介会社と契約する
③HPをリニューアル
④SNSで発信。

その前に、自社の真の理念を作り、
強みと差別化を明確にする作業に
取り組んでいきましょう!

お問い合わせはこちらから
http://my171p.com/l/m/twp9voRac8cc5L

Follow me!