訪問看護、訪問リハの採用で、おすすめしない採用のやり方とは?

訪問看護、訪問リハの採用でおすすめしない採用のやり方とは、ズバリ費用対効果がよくみえない採用方法です。

現在、採用のやり方といっても、求人広告や求人サイトや有料職業紹介など様々な採用方法がありますが、おすすめしなのは、費用対効果がはっきりとわからない採用方法です。

ただ単にお金をかけて広告を出せば採用が増えるというものでもありません。きちんと戦略を立てて、採用方法を考える必要があります。紙媒体の求人広告やwebの求人サイトなどは、簡単に求人広告を載せやすいですが、依頼をする前に、実際にどのくらい応募があるかなどはきちんと確認する必要があります。

特に紙媒体の場合は地域によって読まれやすい媒体などもあるので、自身の事業所の地域で読まれやすい媒体を選択する必要があります。また採用したい職種によって、読まれやすい媒体があるので、募集する職種によって採用戦略をきちんと立てることが大切です。

また、webの求人サイトの場合はどのくらい、近隣地域の事業所のページがどのくらいみられているかPV(ページビュー)を測定しています。また目的のページまでクリックされた件数(採用サイトでは、求人者の情報を入力するところが、目的のページになります。)コンバージョン率についても測定しているはずなので、そのあたりはきちんとどのくらいの件数か確認しましょう。

広告代理店でそのあたりの数を把握できていない場合は、実績が少ないとか、求人サイトを初めて日が浅い、または広告費だけとっておしまいという場合もありますので、十分注意してください。

最近は、最初の数週間無料だけ掲載が無料のサイトなどもありますが、期間をすぎると課金されるサイトもあります。悪質なものですと、期間を過ぎた日から法外な金額を請求されてしまうサイトもあるので、注意してください。 採用方法については、事業者が求める人を明確にして、戦略的に採用活動を行う事が大切ですので、ぜひ採用方法についてお悩みの点があれば、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ・個別相談会のお申込みはこちら

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る