感情をマネージメントとは?

感情をマネージメントするとはどういう事でしょう。感情をマネージメントするとは自分や他者の感情をうまく利用するという事です。2005年アメリカ国立科学財団が発表した記事では、人間は1日に1万2千〜6万回思考し、その8割はネガティブなものだと言われています。そして、その思考の95パーセントが、前日と同じ内容を繰り返します。つまり、感情をマネージメントしなければ、ネガティブな感情に支配されてしまうという事です。

Author Ben Hardy wrote in Medium that, “In 2005, the National Science Foundation published an article showing that the average person has between 12,000 and 60,000 thoughts per day. Of those, 80% are negative and 95% are exactly the same repetitive thoughts as the day before.”

引用元URL:https://siobhankukolic.com/the-average-person-has-between-12000-and-60000-thoughts-per-day/

医療・介護現場における感情のマネージメントの重要性

パソコン

特に介護や医療など、対人サービスの現場は、ストレス度は高く、よりネガティブな感情を起こしやすい状況にあります。

医療や介護の仕事は「感情労働」とも言われ、「感情労働」とは、アメリカの社会学者、アーリー・ラッセル・ホックシールドによる接客業の研究など明らかにされたもので、労働するにおいて、人間の感情が労働に大きく作用し、感情の抑制や忍耐などにより、精神的な負担、重圧、ストレスを負わなければならないというものです。

感情を上手にマネージメントするには?

その中で、感情をマネージメントするには、どの様にするのが良いのでしょうか?

それは、定期的に自分の感情を書き出すことです。定期的に、感情を書き出すことで自分の感情に対して、敏感になることができます。そして、出来るだけ感情を明確にすることが大切です。「嬉しい」、「悲しい」、「楽しい」など人の感情は一つではありません。「とても嬉しい」「今日はあなたに会えて嬉しいし、楽しかった」など、感情は入り混じっている事が多いはずです。どんな感情が入り混じっているのか書いてみる様にしてください。

この自分の感情に身近になる事は、感情をマネージメントする第一歩に繋がるのです。

Follow me!