求人広告を出す前に必ずやっておくこととは(その4)

前回は求人広告を出す前に、
大切な事は、

「コミュニティをつくること」と
お伝えしました。

今回は、コミュニティの中の
必要な2種類のコミュニティについて
お伝えします。

2つのコミュニティとは、
外と中のコミュニティです。

今回は、
外のコミュニティについて
説明します。

自社の外の
コミュニティです。

利用者様、ご家族、
行政、他の介護事業者など
地域の方と一緒につくる
コミュニティです。

例えば、外のコミュニティとして、
東京の私の知り合いの
病院では、毎月家族や
医療従事者、民間療法の実施者
などの多職種が集まって

事例検討をする
コミュニティがあります。

西洋医学にとらわれず
より良い治療を提供しようと
言うコンセプトで行われて
います。

また、弊社では

従業員の研修の中に
一般の方も参加して頂き、
アロマセラピーを体験できる
ワークショップを
実施しています。

このように
外のコミュニティを
構築する理由は、

自社のファンを増やす
というのが目的です。

大きな組織にも
小さな組織にも
継続している組織には、
一定数のファンがいます。

ファンが居ることで、
ファンがファンを連れてくる
可能性が高まります。

そして、
コミュニティが成熟していくと
ファンの中には、運営に関わりたいと
思う人が生まれるわけです。

そうなると、ファンの中から
社員として働く人が現れるわけです。

広告費をかけて来た
人よりも会社を知り、愛着もある
人を雇うことができれば、

強力な戦力になる事が
できるわけです。

ですので、求人広告を出す前に
必ずやっておく事は

外のコミュニティ作りです。
次回は内のコミュニテイについて
お話します。

採用のためのコミュニテイ作り
個別オンライン経営相談会
お申し込みは以下から
https://peraichi.com/landing_pages/view/fhd63

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る