開業したけど、売上が上がらない。どうする?

開業までこぎ着けたけど、中々、売上が上がらない・・・
人件費だけがかかって大変・・・
という事業所さんもあるかと思います。

売上が上がらない原因は何でしょう?その一つに「認知度が圧倒的に少ない」という事に原因があります。開業当初は、地域にも知られていない事が多いわけです。

事業所の名前も知らない、どんなサービスや特徴があるのかも知らない。ですので、サービスを利用したくても存在を知られていないので、売上が、上がるはずがないのです。

売上を上げるためには、何をすれば良いのでしょうか?それは・・・「地域での広報・営業活動」です。お客さんを紹介してくれるのは、ケアマネージャーや病院、保健所などが主になるので、事業広告を出しても費用対効果としては、良い結果を得られにくいです。

大切なのは、ケアマネージャーの事業所や病院や行政機関を直接訪問して、顔の見える関係を作る事です。開設当初から売上を伸ばしている事業所の特徴は、「地域での広報・営業活動」を積極的に行っているケースが多いです。

また、ある程度売上を上げたあとも、継続的な広報・営業活動が大切です。私の事業所も、職員全員に毎月の営業活動の実績を提出してもらっています。意識としては、
「住みやすい街作りに自分たちも関わる」というスタンスで望むことが非常に大切です。

具体的な広報や営業活動については、地域や事業所の特徴によって戦略は異なりますので、ぜひ一度ご相談くださいませ。

問い合わせ・個別相談会のお申込みはこちら

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る