訪問看護ステーションのスタッフ採用方法で、一番オススメの方法はコレ!

訪問看護ステーションのスタッフ採用は資格取得者限定であり、採用に苦労されている事業所さんは少なくありません。

採用方法には色々な方法があります。有料職業紹介や定額制や課金型の求人広告、web広告、看護協会開催の求人説明会など様々あります。訪問看護ステーションのスタッフ採用方法で一番オススメの採用方法は、どんな方法でしょうか?

一番おすすめの採用方法は、知人やスタッフからの紹介です。コレにつきるものはありません。

その理由は、信頼性です。全く知らない人を1時間程度の面接で、ステーションのカラーに適正かどうか見極めるのは、非常に難しいものがあります。また人材不足の状態の場合、面接する側も、多少採用に対して、迷いがあっても、「人が足りないから」という理由で採用してしまい、あとでミスマッチを招くことも少なくありません。

それに比べて、知人や、スタッフからの紹介では、ある程度人間関係ができている人からの紹介なので、信頼性が違います。スタッフも会社やステーションのカラーを知っています。スタッフもヘタな人を紹介して、上手くいかなければ自分にも責任を感じるはずなので、ステーションのカラーに合う人材を探して、紹介してくれるはずです。

もうひとつの理由は費用です。有料職業紹介では、採用が成立した場合想定年収の20%程度の紹介手数料の支払いが必要になります。採用広告なども決して安くはありません。時期や記事の広告枠の大きさによっては、費用はかけたが、全く応募がないという事もありえます。

そこに投資をするくらいなら、採用を手伝ってくれたスタッフに紹介手数料を払ったほうが、会社としても、気持ちが良いものです。

私の運営するステーションでも、スタッフが新しく入社してくれるスタッフを紹介してくれるとスタッフに紹介手数料を払うという、紹介制度を採用しています。紹介手数料を払うというとスタッフも一生懸命に良いスタッフを探そうとしてくれます。

またスタッフの中には、自分も採用に加わって、自分の会社に良い人材を集めて、一緒に良い会社、ステーションを作っていきたいという気持ちが芽生えていきます。

ですので、訪問看護ステーションのスタッフ採用方法で一番オススメの採用方法は、紹介会社や求人広告ではなく、知人やスタッフからの紹介が安心です。親戚、知人、家族などを探せば、看護師、医療関係の方がいるケースは少なくありません。ぜひ、身近なところから探してみてください。

お問い合わせ・個別相談会のお申込みはこちら

Follow me!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る